初めてセミナー講師として人前に立つ方に

f:id:yamazaki-takashi:20160720164608j:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

セミナー講師は伏線を回収するだけのお仕事です

ぼくがセミナーをする時に気をつけていることがあります。

 

 「伏線を回収すること」です。

 

「伏線を回収」と言っても、例えば「HUNTERr×HUNTER(ハンターハンター)」の

ような作り込まれたマンガや小説のといったものではありません。

 

単に、セミナー告知文の「講座概要」「当日の内容」といった部分にきちんと触れることです。

 

意外と多いんです

「講座概要」に書いてあったことに触れていないセミナー…。ひどい時は「これって一番のウリになるところでは?」という箇所がすっ飛ばされていることもあります。

 

しかし、受講者の立場では当日に忘れていることもあります。仮に覚えていたとしても、講座の時間の中で指摘するのもヤボな感じがします。

 

というわけで、何となくモヤモヤが残ったまま終わってしまうわけです。

 

セミナー講師の立場として最初から圧倒的な満足度を持ってもらえるセミナーをするのは簡単ではありません。というか、無理です。

 

しかし、受講者の不満の種を減らすのはセミナー講師初心者でも手をつけやすい部分です。

 

セミナー開催までに時間があれば

準備としてぜひやって欲しいことはコチラ。

 

  • 今の自分より少し背伸びした内容を盛り込む

 

これをすることで、当日までにその内容ができるように準備をしましょう。もしかして、あなたは心配性で大風呂敷を広げるようなマネはしたくないタイプでしょうか?

 

そうでしたら、なおさらオススメです。準備により一層身が入りますので。

 

これで、何となく当日を迎えるのではなく、講師としてレベルアップした状態を目指して日々を過ごすことができるでしょう。

 

どうでしょうか?

 

初めてであっても意識すればできることです。ぜひチャレンジしてみてください。

 

それではまた!