マインドマップを習慣化のツールにして続けられないを終わりにする方法

f:id:yamazaki-takashi:20160628111522j:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

マインドマップで続けられないを終わりにする

何かを続けることにはたくさんのエネルギーを使いますね。

 

自転車を例にとるとよく分かりますが、実は何事もはじめの一歩が大変なだけです。

 

いったんスピードが出てしまえば、逆にストップするのが難しくなるくらいです。

 

マインドマップを習慣化のツールにする

あらゆることを子供たちがゲームをするノリでスタートし、続けれられば楽ですが、そんなことばかりではありません。

 

とはいえ、昔ながらの「努力と根性」で続けるというだけではとても辛い。

 

これは必要で、どうしても続けられるようになりたいことがあるあなたに、マインドマップを例に続けるためのヒントをお届けします。

 

①他の習慣とくっつける

例えば「日記を書く」「ToDoリストを書く」習慣があれば、これとくっつけてみましょう。

 

つまり、マインドマップでこれらをやってしまうということです。

 

昔々、ゲームソフトの販売で「抱き合わせ販売」という悪質な商法がありましたが、この手の「抱き合わせ」ならとっても使えます!

 

②あえてガイドラインをやぶってみる

マインドマップはこうやると良いというガイドラインに「A4の大きさ以上の用紙で」というものがあります。

 

放射思考による拡がりを考えるとある程度の大きさの用紙が必要でしょう。

 

しかし、人によっては「なかなか思考の広がりがない」という方もいらっしゃいます。これは能力の問題ではなく、思い込み・ブロックの類です。

 

そのような方は、用紙の白い部分が多すぎてマインドマップをかくのが苦痛に感じてしまうことがあります。

 

そんな時は、小さい用紙でかいてみましょう。

 

手帳なんていいですね。

 

手帳を使って日記をマインドマップでかく、という組み合わせにすれば、より強い継続のツールになります。

 

ちなみに、ぼくはそのタイプでした。

 

逆に、どんどん広がるけれどまとめるのが上手くできない、というタイプの方もいらっしゃいます。

 

本当に個性が強くでる分野と言えるでしょう。

 

③これを機会にイラストの練習をしてしまう

マインドマップにはセントラルイメージが欠かせません。真ん中のイメージのことですね。

 

ぼくの場合は、このセントラルイメージがより映えるようにするために、イラストの練習をしました。

 

具体的には、まず“書店で”イラスト集を買います。なぜかというと、同じイラスト集でもそのテイストがものによって全然違うんですね。

 

かわいいもの、かっこいいもの、かなりクセのあるものといった特徴があります。

 

ですので、「こんなイラストが描けたらいいな」というものを事前にチェックできる環境で買うのがオススメです。

 

そして、1日1個、好きなイラスト選んで描いてみましょう。

 

ぼくの場合は一度使ったものはもう使えないという修行のようなことをしていました。

 

これをやると、だんだんカンタンなイラストがなくなっていって、少し複雑なものにも

チャレンジするという効果があります。

 

このあたりはご自身の性格に合わせてカスタマイズしてもらえればいいでしょう。

 

④Twitter・Instagramにどんどんアップする

見てもらうというのは、続けるためのモチベーションになります。

 

今は誰でも自身の作品を公開することができるわけですから、これを利用しない手はありません。

 

実名・匿名どちらでもOKです。

 

コメントをいただいたり「いいね」をつけてもらったりするとより嬉しいですよ。

 

友達から見られることに抵抗がなければ反応がすぐにもらえるFacebookが特にオススメです

 

マインドマップを使った習慣化を始めよう

マインドマップを例に習慣のヒントをお届けしました。

 

マインドマップ特有の内容もありますが、例えば

 

  • 他の習慣と組み合わせる
  • 内容をネット上にアップする

 

といったものは他の継続したいものにも即転用ができそうです。

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

それではまた!