読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から、右利きの人間が字を左手でも書けるようになるのか?両手使いの検証を始めます

実験

1.右利きの人間が字を左手でも書けるようになるのか?

別に人生で必要ではないけれど、

やってみたかった実験を始めました。

 

タイトルの「右利きの人間が字を

左手でも書けるようになるのか?」です。

 昔から両手を駆使して何かを操るのを見ると

かっこいいなと思う人間でした。

 

「ドッジ弾平」の両手どちらかから繰り出される

“スイッチショット”が好きな子供でした。

 

わかる人いるのかな…(^^;;

 

それっぽい理由をつけて先延ばしにしていましたが、

気が向いたのでやってみようと思います。

 

f:id:yamazaki-takashi:20160703152304j:plain

 

2.過去に左手でやってみたこと

ここで、過去にやってみたことを振り返ってみます。

 

1.電卓を左手で操作する

これは大学時代に簿記の勉強をしていた

環境では割と当たり前でした。

 

しかし、経理の仕事をするようになって

左手でガチャガチャやっている時に言われたセリフで、

当たり前ではないことを知りました。

 

「左手で電卓使えるんだ。さすが経理。」

 

さすが…なのかはよく分かりませんが、

言ってもらえた時はちょっぴり嬉しかった。

 

逆に、習慣がなかったせいで、

右手ではほとんど電卓を扱えません。

 

2.柔道の技を左組み仕様でかける

ぼくは高校時代に部活で柔道をやっていました。

 

右組みでやってはいたのですが、

技を左組み仕様でかけることを

やっていました。

 

これも割と普通にあると思うけど…?

「YAWARA!」ではビックリ技扱いでした。

 

これは、あとあと考えると最初から左組みで

やっていたらどうなっていたんだろう…と

思うことがあります。

 

プロ野球では、「右投げ左打ち」の選手が

は当たり前のようにいますね。

 

3.今川焼きの生地を入れるのに使う器具を左手で扱う

唐突に今川焼きです。

これは大学時代にやっていたバイトです。

 

今川焼きの生地を入れるのに使う器具を

左手で扱っていました。

 

「今川焼き 生地 入れる 器具」で検索すると

これは「ちゃっきり」という名前らしいです。

 

グーグル先生凄すぎる。

 

https://www.amazon.co.jp/KIPROSTAR-PRO-DRP-ちゃっきり-スタンド付-ステンレス/dp/B00D0XT4NIwww.amazon.co.jp

 

3.こんなルールで左手書きにチャレンジ 

ここで話を戻して、左手書きの話題です。

 

ガチガチに検証しようとすると挫折ルート

まっしぐらなので、かなりゆるめに 

このようなルールでやってみます。

 

  • 1日1回、検証文をノートに書く(時間は自由)
  • 検証文は「右利きの人間が練習をして、
    まともな字を左手でも書けるようになるのか?
    100日チャレンジ継続中!!」とする
  • 書き終わったら日付とサインを書く
  • それ以外は自由に練習してOK
    (やる気がある日は練習するし、ない日は検証文のみ)

 

おそらく、日常の字を書く習慣の中と

結びつけて練習するのが合理的でしょう。

 

あまりそれ用の練習をすると辛くなるので、

ぼくの場合は左手でマインドマップを

かいてみるのが自然かな〜と。

 

4.あの超人気ブロガーさんもやっていた

関連情報を検索していたら、

あの超人気ブロガーさんの記事がヒットしました。

 

yossense.com

 

何やら周りの反応は冷たかったようですね。

ぼくもこんな風に実体験を書きたい…!

 

ということで、マイペースでやってみます。