読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願いは叶わないと言われた引き寄せの法則難民

f:id:yamazaki-takashi:20160720170149j:plain

「引き寄せの法則」難民になりました

世界的なブームとなった『ザ・シークレット』を筆頭に

有名どころの引き寄せ本には何冊も目を通しました。その度に「引き寄せの法則」関連の本を買うのは最後にしようと思っての購入です。

 

それでもまた、魅力的なタイトルの本を見かけると買ってしまうの悪循環にハマりました。

 

典型的なダメなパターン 

そのような本は

 

  • 「引き寄せの法則」の概要
  • なぜ今までの本で引き寄せられなかったのか
  • この本で特徴的な解説方法やテクニック的な話

 

の流れで展開されていることが多いです。

 

そして、今度こそいけると思うもすぐに挫折のパターンが繰り返されました。典型的なダメなパターンです。

 

表面上は信じているつもりですが、どうしても上手くいかない。

 

そんな状況にようやくオサラバできそうな言葉と出会うことができました。

 

願いは叶いませんと言われた

2008年頃から学んでいる先生の話を聞いてきました

ちょっと名前は出せない方ですが、最近メンターの話を久々に聞く機会がありました。

 

当初は別のコトを学んでいたのですが、もっと実生活に即した話の需要があるということで、お金や願望実現のコトもお話になるようになっています。

 

その中で、こんな話がありました。

 

「願いは叶わない。」

確かにそう言われたのですが、悲しくなるどころか前向きになれる言葉でした。それには続きがあるからです。

 

 「願いは叶わないが思いが間違いなく叶っている」

いくつものテクニック・ツールの類を使ってもダメなんですね。ベースの部分でウソだと思っている、本当は叶ってほしくない。 

 

一番分かりやすいのは、生徒へランダムに当てる先生の授業の時です。「これ当たるとやだな〜」と思う問題ほど見事に当たってしまうことがありますよね。

 

願いは「当たるな」なんですが、そのような問題に限って当たってしまう。これは、「当たってほしくない問題に限って当たっちゃうんだよね」という思いが願いよりはるかに強く自分を支配していたのが原因です。

 

これは小さい話ですが、確かに言われてみれば、人生全般において、願いは叶っていないけど思いは叶っているな、と思い当たる部分は沢山あります。

 

この方に言わせれば「すべて」だそうですが。

 

まずここから見直すことでテクニックの類も活きてくるはずです。いや、思いの部分を書き換えるのにテクニックが使えると言えるかもしれません。

 

立派な人に見られるための願いではなく、本当にしたいことは何なのか、それはなぜなのかという思いに本音ベースで向かい合おうと感じる出来事でした。

 

それではまた。