読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性的の意味をクラスの男子児童全員に教えてくれたK君の話

マインドマップ-全般 10代の頃

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

今回は、色使いと個性的であることの話です。

 

f:id:yamazaki-takashi:20160729174057j:plain

 

マインドマップのセミナーで話す色使いについて

寒色系の中に暖色系の色があればそれはとても目立ちます。逆に、暖色系の中に寒色系の色があってもやっぱり目立ちます。

 

一見目立ちそうでない色であっても、周りの状況によって目立つ色になることは興味深い現象です。

 

このような話をしていて、思い出すエピソードがあります。

 

“希少な”折り紙に群がる男子児童たち

小学校4年生くらいの頃、図工の時間の話です。

 

パーティハットの型に折り紙を貼りつけることで色づけをするという課題が与えられました。教室にはたくさんの折り紙が用意されています。

 

f:id:yamazaki-takashi:20160729182112j:plain

 

その中に、ひときわ目を引くものがありました。

 

金色と銀色の折り紙です。特に男子がそれに群がりました。

 

ぼくはといえば、そこまで強くは惹かれなかったのに、なんだか乗り遅れるのもイヤで参戦。ある意味一番ダメなパターンです。

 

ちょっと収集がつかなくなり、結局何らかのルール決めをして“希少な”2色の折り紙が希望者に割り当てられました。

 

それだけではパーティーハットの面積には及ばず、足りない部分を別の折り紙で埋めて各自どうにか完成。

 

その後、クラスメイト全員のパーティーハットが教室に飾られました。

 

金銀争奪戦に消耗しきった児童の作品は、みんなツギハギだらけの折り紙にわずかな金銀を仕方なく貼った無個性で残念なものになってしまいました。

 

クラスの男子児童全員に個性の意味を教えてくれた作品

そんな中、クラスメイトを惹きつける作品がありました。金銀争奪戦に参加しなかったK君のパーティーハットです。

 

使われた折り紙は青と水色の2色のみ。それでも、その折り紙は2色のコントラストで美しいらせん模様を描いていました。

 

きっと早々折り紙を選び、じっくりと時間をかけて模様を作っていったのでしょう。

 

先生はK君の作品を褒めると同時に、金銀争奪戦に参加した児童に対する皮肉の一言がありました。

 

他人の頭の中は分からないけど、みんな思うところがあったんじゃないかな。

 

金銀だから目立つのではなかった

金色と銀色は単色で見ればとても目を引きます。何といってもオリンピックの1位2位の色ですし。

 

しかし、今回のエピソードの場合は多くの児童がそれを目指したため、逆に個性のない色となってしまったわけです。

 

個性的の意味をクラスの男子児童全員に教えてくれたK君の話でした。

 

それではまた!