読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレゼンはパワーポイント派?黒板・ホワイトボード派?

f:id:yamazaki-takashi:20160811124644p:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

突然ですが、あなたはプレゼンをする時に何を使いますか?

 

パワーポイント派?黒板・ホワイトボード派?

これらは定番中の定番です。では、このどちらかを使っていたとして、その相手側についてこんなことを思っていないでしょうか?

 

  • パワーポイント派→黒板・ホワイトボードは自分で書くのだから人によっては読みづらくなってしまう。事前に準備しているパワーポイントの方が親切だ。
  • 黒板・ホワイトボード派→パワーポイントは話術に自信がない人が使うもの。これに頼ることで、ただスライドの内容を読み上げるだけのプレゼンになってしまう。

 

プレゼン慣れしていない人がこれらを使えば、このようなこと起こってしまうかもしれません。

 

ただ、これはプレゼンターとしてのレベルを上げれば解決する話。パワーポイントが悪いわけでも黒板・ホワイトボードが悪いわけでもありません。

 

実は、パワーポイントの良さ、黒板・ホワイトボードの良さそれぞれがあるのです。

 

パワーポイントと黒板・ホワイトボードを使い分ける?

「〇〇派」と呼べるくらい圧倒的にどちらかのみを使っている方には信じられない話ですが、両方を使い分けるプレゼンターがいます。

 

どのように使い分けるのか?その考え方は

 

  • 黒板・ホワイトボードで表現できる内容はこれらを使って表現する
  • 黒板・ホワイトボードで表現できない内容はパワーポイントを使って表現する

 

が基本になります。

 

黒板・ホワイトボードで表現できること

演台でずっと動かずに話をするより、適時動いた方が相手を惹きつけます。さらに、黒板・ホワイトボードはその場で書くため“熱量”が伝わります。

 

かつてぼくは会社法の授業を受けていたことがありました。その予備校には今でいう「神」のような先生がいらっしゃり、黒板を多用される方でした。

 

会社法の体系を初心者にも分かりやすく伝えてくれる板書きは、テンポの良い話術とも相まって圧倒的に受講生を惹きつけていました。

 

しかし、様々な事情があって方針が変わってしまい事前にレジュメが配布されることになりました。授業内容が変わるわけではありません。受講生によっては楽だし便利と思った人もいるでしょう。

 

しかし、学習効果の面では相当のマイナスでした。その時のガッカリ感は今でも覚えています。「アナログ人間」と揶揄されようが、手書きで黒板の字を写す良さは時代が変わっても存在し続けます。

 

パワーポイントで表現できること

黒板・ホワイトボードでは表現できないこともあります。写真や動画が代表的なものです。

 

また、やろうと思えばできるけど、パワーポイントを使えばより効果的な表現方法もあります。

 

この画像は就活の面接講座で使われるパワーポイントの例です。

 

f:id:yamazaki-takashi:20160810112408p:plain

 

f:id:yamazaki-takashi:20160810112630p:plain

 

この例ですと、最後は「にげる」を選択してしまうのですが、「実際はそんなことできないですね。本番でそうならないために今日は面接で圧勝する方法をお伝えします。」という“つかみ”に使います。

 

画面の展開とBGMを使ったこれを見せられたら「お!今日のセミナーは期待できるかも!」と思ってもらえるでしょう。

 

パワーポイントと黒板・ホワイトボードを使い分けよう

このように、一口にプレゼンと言っても表現方法は様々です。

 

もし一律にやり方を決めているなら、「もしかするとこれはその場で書いた方が伝わるかもしれない」といった視点を持てばプレゼンターとしてのレベルが上がります。

 

そして、セミナーならリピーターとなってもらえたり、営業なら成約が決まったりと、より良い成果を出すきっかけになるのです。

 

次回のプレゼンが前回と全く同じでいいのか、ちょっとだけ考えてみませんか?

 

それではまた!