読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社で起こる困ったことや悩みから身を守る方法

マインド・セルフイメージ

f:id:yamazaki-takashi:20160823173824j:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

会社勤めをしていた当時、何かと悩みが尽きない日々を過ごしていました。

 

 浅見帆帆子さんの『あなたは絶対!運がいい2』を読んだ

そんな時によく読んでいたのが浅見帆帆子さんの『あなたは絶対!運がいい2』です。

 

特に最初の1〜2年の間はなかなか大変な環境にいまして、他の部署の方からも心配をされるくらいでした。

 

ただ、人に助けを求めるのも今ほど上手ではなく、どうにか耐えながら自分で対処法を調べて実践する日々がしばらく続きました。

 

そんな不安や悩みに対する対処法は「いや、確かにそうなんだろうけど、それができれば苦労はしないよね。」と思ってしまうこともしばしば。

 

そんなぼくにとっても効果があったのが、この方法でした。

 

今、あなたが心配していること、そのものに対して、プラスのイメージを作るのではなく、もっと全体的な自分の望みのほうを考えてみてください。

 

たとえば、心配事が「会社内で上司とトラブルを起こしている(人間関係でトラブルを起こしているなど)」だとします。このときに、そのトラブル自体が解決するようにイメージするのではなく、もっと全体的なあなたの望み、たとえば、「私は今の職場で自分の力を発揮して、充実した気持ちを感じながら楽しく仕事をする」という方向にイメージするのです。

 

なるほど、シンプルで効果もありそうだ、と早速取り入れることにしました。

 

全体の望みを考える

全体の望みを考えることで、今まで焦点を当てていた困ったことやイヤなことから「結果的に」離れることができるという経験をすることができました。

 

例えば、苦手な人との関わりについて「この人と一緒に仕事をしたくない」という望みでは、フォーカスする人がその苦手な人です。

 

そうすると、より一層その人と協力して仕事をしなければならないという可能性すらあります。

 

それを、全体の望みを考えることで、いい方向に流れていくことになりました。

 

ぼくの場合、何かあった場合の「全体の望み」は毎回同じで、気持ちのいい状態で自分が仕事に取り組めるの一点でした。本の引用部分と同じような内容ですね。

 

よく、願望の実現に関しては細部までイメージするといった話もあります。

 

しかし、こと困ったことから身を守りたいという目的の場合、ぼんやりとしたイメージの方が良い結果を生みました。

 

「全体の望みを考える」のは本当に使えます。試してみてください。

 

それではまた!