読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を捨てる時に「最後の確認」はするな!

f:id:yamazaki-takashi:20160828233037j:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

断捨離の対象が本の時に起こること

最近、「持たない暮らし」の事を聞く機会がありまして、再度身の回りのモノを見直しています。

 

以前記事にもしたKindleのおかげで、どんどん本が溜まることがなくなり、今は減らすことにのみ意識を向ければいいのは何より。

 

ただ、本を捨てるという行為自体は同じはずなのに、捨てることが成功する時と失敗する時があります。

 

これは少し考えたら分かりました。

 

本を捨てる時に「最後の確認」をするな

この成否を分けるのは、本を捨てる時に「最後の確認」をするかどうか?なのがマイ定説となりました。

 

ぼくが以前手当たり次第に本を増やした時期は別として、今持っている本は、どこかしらいいことが書いてあるから持っているんですよね…。

 

ですから、「捨てる前に一回確認しておこう」とすると、「やっぱりこれは捨てられないな」となってしまいます。

 

心を鬼にして「空いた所に新しいものが入る」と信じる

「空いた所に新しいものが入る」のは裏を返せば「容量がいっぱいの所には何も入らない」状態です。

 

西洋社会で風水とスペース・クリアリングの分野においてパイオニア的活動を行ってきたカレン・キングストン氏は、著書『ガラクタ捨てれば自分が見える』の中でこのように指摘しています。

 

古い本を保管し続けることの問題は、人生に新しいアイディアや考え方が入ってこなくなることです。蔵書は、持ち主のアイディアや信念を象徴しています。古い本が大量に本棚を占拠していると、あなたは段々新しいことにチャレンジしなくなり、まわりの本と同じようにかび臭いエネルギーを発するようになってしまうのです。

 

人間が発する“かび臭いエネルギー”とはかなり辛辣な表現ですね。それでも、 捨てるとスッキリするようなものに囲まれればそうなってしまうのかな…と妙な納得感が。

 

本を捨てる時期

さて、これが分かったところで、次は実際に本を捨てます。

 

舌の根も乾かぬうちに言ってしまえば、それでも「最後の確認」をしたくなる誘惑が出てきます。

 

ですから、本を捨てる時期は決心が鈍らないように

 

  • 収集日の直前に
  • (捨てるのではなく売るのであれば)まとめて売りにいく時に

 

といったタイミングを工夫をすれば後ろ髪引かれることなく進められます。一回捨ててしまえば、意外ともう一回欲しくなることは少ないです。経験上ゼロとは言い切れませんが(笑)。

 

そんな事があれば、その時に対処しましょう。例えば、30冊に1冊の割合で起こることのためにブレーキをかけると本当にどの本も捨てることができなくなりますから。

 

それではまた!