現代は短期記憶に頼らないマニュアルを見失った時代だ

f:id:yamazaki-takashi:20161004151450j:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

最近短期記憶に頼りすぎの場面に出会う

突然ですが、人間の短期記憶はすぐに消えてしまいます。

 

いちいち五感で得た情報を長期記憶に放り込んでいてはキリがなくそれ自体は自然なことです。

 

ただ、こと仕事に関して短期記憶に頼ることを習慣にしていると、後々「忘れてた!」となることも多々。

 

例えばこんなことがありました。

 

スーパーで見かけるスーパー短期記憶のお兄さん 

ぼくがよく行くスーパーはレジ袋が有料です。1枚2円で買うことになっています。

 

マイバックを持っている日もありますが、そのために自宅に戻るのが面倒な日は購入します。

 

 

「レジ袋もください」(レジ袋1枚分の入力“ピッ”)

 

支払い後(レジ袋はカゴに入ってない)

 

(一応レシートに2円が記載されていることを確認後)「レジ袋を…」

 

「2円になります」

 

(「2円になります」じゃなくてさ…入れてよ)

 

この人がレジの時に前にもあったんですが、改善がまったくない。別に会社としてのマニュアルがなくても、「レジの入力をしたタイミングで袋をカゴに入れる」マイルールを実行するだけで解決する話なんですけどね…。

 

「最後にパサっと乗せる」のが決まりなのかな?

 

レジの業務は商品の数だけ刺激があるので、「最後にレジ袋を入れよう」なんて短期記憶は一瞬で消えてしまいます。

 

他にはこんなこともありました。

 

某有名飲食チェーンでのお姉さん

お店はいっぱいではなかったのですが、どうもテーブルを片付けたかったようで「すぐに準備するので外でイスに座って待っていてほしい」旨を言われました。

 

ぼくの第六感は、その時点で「これはダメなパターンだ」と気づきました。

 

えぇ、明らかにテーブルくらい片付いてもおかしくない時間が経っても何のアクションもなし。

 

「あのー」みたいな感じで入っていくのもイヤだったので、その場からは立ち去りました。

 

お姉さんは、外で客が待っていたことなど完璧に忘れていたことでしょう。

 

短期記憶に頼らないマニュアルを作って!

いずれも、個人もしくは会社単位で簡単にマニュアルがあれば解決する話です。

 

マニュアルと呼ぶのも大げさなレベルなら「ちょっとした決め事」くらいの表現でもいいいでしょう?

 

いずれにせよ、クレームにもならないレベルの話でも…いや、クレームにもならないレベルの話だからこそ、短期記憶に頼らないマニュアルが必要です。

 

クリエイティブな仕事やマニュアル外の仕事も、それに使えるリソースが自分の中に残っていてこそ。マニュアルで対応できてしまうことはマニュアルで対応しましょう。

 

それではまた!