読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外とブログのPV数はあるのかもしれない。それで…。

ブログ運営

f:id:yamazaki-takashi:20161023232001j:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

自分のブログにPV数はないのかもしれない 

こちらの記事でも話題にしたのですが、ブログをやっていると、圧倒的な成果を出しているブログにばかり焦点が行きがちです。

 

blog.yamazaki-takashi.com

 

そして、自分のブログは全くダメなのではないかという思いに囚われてしまうことも。

 

これはブログに限らず別の分野に置き換えれば、思い当たることが出てくる人も増えてくるのでは?

 

意外とブログのPV数はあるのかもしれない

そんな中、ブログ運営の分野で有名な書籍『ブログ飯』でこんな文章を見つけました。

 

 

現在、人気ブログを運営している人たちも、ほとんどの人は最初は1日10アクセスというような状況から始めています。記事を増やし、内容を充実させていく。HTMLやCSS(スタイルシート)など、ウェブサイトを構成する言語を勉強して読みやすいレイアウトに改良する。いろいろな勉強や検証など、試行錯誤を繰り返すことにより、月間100万PVを超えるようなブログに成長しているのです。最初からうまくいく人なんていません。うまくいく人は、文章を書く感性、能力がずば抜けて高い人だと思って尊敬しながら、自分自身のできることを地道に続けていきましょう。

 

そして、その後の参考情報です。

 

【参考データ】ブログに関する調査。1日の平均アクセス数が50以下のブログが8割以上。(ライフメディアリサーチバンク調べ)

research.lifemedia.jp

 

これは今でも見ることができました。

 

さらに、検索ワードを入れてみると、この記事に触れた人気ブログの記事も見つかりました。

 

資料として見ることのできる最新のものでも、概ね傾向は同じようです。

 

ブログに上下なんてあるのか?

これを見る限り、このブログはPV数だけで見れば“上位2割”には間違いなく該当します。

 

そうすると、「じゃあ8割のブログが“下”なの?」というセルフつっこみが入ります。

 

そんなことはない。

 

それなら、圧倒的な成果を出しているブログも別に“上”ではない。

 

引用した文章にあるように、「文章を書く感性、能力がずば抜けて高い人だと思って尊敬しながら、自分自身のできることを地道に続けて」いければいいのです。

 

受験勉強で「“理解”と“記憶”どちらが大事?」は不毛な議論で、これらは「車の両輪」です。

 

ブログ運営も、「ブログをやっている目的」「記事の“数”と“質”」「更新頻度」「ペルソナ像」といった多様な項目が検討課題として挙げられます。これらはすべて「A・B・C・D…どれが大事?」で割り切れるものではなく、一つ一つが車輪なのです。

 

ブログのPV数を思いっきり気にした調査結果を見て、ブログのPV数の呪縛から少し逃れたお話でした。

 

それではまた!