場違いも、通い続けて、“古株”に

f:id:yamazaki-takashi:20161103235344j:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

今はなじんだコミュニティも最初は場違いだった

ぼくは今、拠り所にしているコミュニティがいくつかあり、時々顔を出しています。

 

その中には、最初は「場違いだよなぁ」と思いながら参加していた所もあって、最初は少し辛かった。

 

とにかく、周りのメンバーがスゴい人ばかりだったのでそう感じていたようです。「だからこそ意味があるんだ」と自分を奮い立たせていた記憶があります。

 

通い続けて、“古株”に

でも、通い続けていたら、いつしか「もう“古株”ですよね」と言われるように…。

 

セルフイメージの面で言うと、「上げる」とか「上がる」が必要なくなるのが究極だそう。

 

自分を奮い立たせているうちに、そのようなことを考えなくてもいいようになって、その場に馴染んだのが良かったみたいですね。

 

セルフイメージがいい感じになったその先は?

セミナーや本では、説明の便宜上「上げる」「上がる」の表現になっても、こんな状態が理想なので、もっと分野を問わずこれを広げたいです。

 

いや、こんなことを書きながら、「だから広げるとか必要ないんだって」と禅問答のようなツッコミを自分にしてしまうなぁ。

 

それではまた!