にゃんごすたーのドラムから見るギャップの重要性

f:id:yamazaki-takashi:20161112002232j:plain

 

こんにちは。「やりなおしのマインドマップ」やまざきたかし( @yamazaki_1205 )です。

 

「にゃんごすたー」のドラムを見たことがありますか?

「にゃんごすたー」は青森の非公認ゆるキャラです。

 

twitter.com

 

この見た目で、X JAPANの“紅”をドラム演奏する動画が話題になりました。

 

 

※これは一番話題になったものとは別のものです。

 

なぜにゃんごすたーのドラムに惹きつけられるのか? 

これをもし、ロックバンドのドラマーが演奏すればどうでしょう?

 

スゴいけど、笑いと驚嘆が入り混じった歓声は起こらないでしょう。

 

それは、ドラマーがドラムを叩くのは当たり前だから。

 

ギャップが大きければ大きいほど、人を惹きつける好例です。この場合は「ゆるきゃらがドラムを激しく叩く」というあまり結びつきそうにない両者がギャップを際立たせています。

 

エンタメプレゼンでもギャップを見せる場面がある

ぼくが講師をしている「エンタメプレゼン」でも、このギャップを利用して聞き手を惹きつけることを体験することができます。

 

それは、プレゼンターがゆるキャラになるわけではなく、別の方法ですので大丈夫です(笑)。

 

プレゼンにおけるギャップの見せ方に関して、エッセンスを学べればまずはOK。

 

それだけ分かれば、後はいくらでも応用ができますので、オススメです。

 

それではまた。